韓国ソウル留学は、迷ってたら行ってみよう!!

先日、

★オサレな梨花女子大の学食でランチを食べてみよう!!★

という記事に留学経験がある、と書いたら
お問い合わせが数件届いた。

個々にお返事させていただいたのだが、共通していたのは
「留学しようか迷っています」ってことだった。

迷ってんだったら、行ってみよう!!

迷ってるってことは「行けない」訳ではないらしい。

家庭や仕事のこと、費用のこと、
それから、授業着いていけるかとか生活の不安、
心配事は色々ある。

そりゃそうだよね。
隣国とはいえ海外に行って生活するんだもん。迷って悩んで当たり前っす。

勿論、
それぞれの生活環境、留学の期間、その他によって条件は変わってくるけれど、

行きたいなーと思ったら
今すぐでなくてもいいから
「出発」できるその日に向けて、日々準備してみてください。

飛び立てる「その日」は、ある日突然来ます。
そしたら、タイミングを外さずスタートするのみ!!

その日のための、準備なのですよん。

韓国語を勉強するとか
費用を少しづつ貯めるとか
寮がいいかな~コシウォンかな~アパートかな~なんて考えるのも楽しいし。

実現に向けて生活するだけでも毎日が変わってきます^^

私は3週間の超短期で、前後含め丁度1か月ソウルに滞在しました。
「留学」としては短いし、自分では留学じゃなくて勉強だと思っていますが、
それでも、3年たった今でも、毎日毎日のことを鮮明に覚えてます。

それこそ半べそかいて勉強してたけど
あれだけ頑張れる自分がいたんだーって、新たな発見でした。

で、その努力が3年たった今、どれだけ報われているのか
一度じっくり己に問いかけてみたい今日この頃ではあるが (とほほ) 。

私はアパートを借りて通学していたのですが、
朝6時に起きて地下鉄に乗って毎日学校に通って
なんかフツーのことだけど、それだけで夢のようでしたよ。

私、韓国で初めてミュージカルを観たのが
シャーロッテシアターの「オペラ座の怪人」なんです。
で、「ジキル&ハイド」公演中に、石村湖近くのアパート借りて通ったので
毎日シャーロッテシアターの前を通って通学してたんです。

それだけでね、なんかもう毎日が夢みたいで。

だって、いつもは飛行機に乗ってようやく来ていたシャーロッテが
アパートから徒歩10分の、しかも通学路にあったんですよ!!
それだけで素敵じゃないすか!!
夢みたいじゃないっすか!!

…って、留学の理由はそこかーーーーいっ、って突っ込みはナシの方向で。

あ、一番大事なこと。

年齢は関係ないですよ。
年齢より大事なのは、ありきたりだけと、「気持ち」です。

平成生まれのキャピった大学生たちと一緒のクラスで勉強した
ガチ昭和の私が言うのだから間違いございませんよ。

何分3年前の経験なので
(もう3年かよー早いなーまた留学したいなあああー)
状況も変わっていると思いますが、
お役に立てそうな経験談を、時々綴っていきたいと思います。

♪ブログ村に参加してます。ぽちっとして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村

広告

オサレな梨花女子大の学食でランチを食べてみよう!!

ソウル一の花園と言えば

「梨花女子大学」(イファヨジャテハッキョ・이화여자대학교)

女子大学としては世界最大規模であり、
かつ韓国女子の憧れ・目標となっている、名実共に韓国一の女子大学です。

実は私、2011年2月に3週間の超短期で
梨花の語学堂で韓国語の勉強をしております。

韓国語を勉強しようと思ったとき、地元に希望とする韓国語教室が無く

「だったらめんどくせーから、ちょっくら留学しようぜい」

と思ったのが運の尽き。

ゼロから、カナダラから教えてもらおうと思ったのに、
なまじ自分の名前をハングルで書けたばっかりに、
クラス分けで韓国語を専攻している女子大生たちと一緒のクラスにされていまい、

レベルと年齢が全く違う子たちとクラスメイトに!!!

もうねー
毎日毎日半べそで勉強しましたとも。
宿題、徹夜でやりましたとも。
土日、どっこにも出かけず勉強しましたとも。

しかも、やってもやっても身につかない。
今思えば、焦りが何歩も先に行っちゃってたのねー。

ああ、あの時の私、ホントに愛おしい(しくしく)。

と、言うことで
あの頃毎日通ってた梨大の学食。

時々懐かしくなって、食べに行くことがあります。

梨花のキャンパスというと、正門前の「ECC」(Ewha Campus Complex)
が有名ですね。

フランスの建築家ドミニク・ペロ-建築のこの建物。
テッペンが1階。一番下が地下4階(その下に駐車場)になります。

この建物、ガラス張りの為微妙に暑いし、
中の廊下が木製だから
授業中、ボコボコボコボコ歩く音がうるさいんだよねー
ドミニクめー。

83331_3
※写真は梨花のHPより。

私がお世話になった時はK-POPブーム真っ盛りの冬休み。
本当なら留学生は語学堂の教室を利用するのですが、
教室が足りなくなって、私たちのクラスはここのECCの教室を利用しました。

で、このECCにはコンビニはもちろん、
ケーキ屋さんやペストリーショップ、銀行、スポーツジム、果ては劇場まであって、
ちょっとしたショッピングモールです。

レストランやカフェも沢山あって
梨花の女の子たちはここで勉強したりお喋りしたり
レッツエンジョイキャンパスライフ!! ですが

落ちこぼれの私はこんなピッカピカのかわいいカフェに行く気になれず、
もっぱら激しく地味ーな「生活館食堂」ってとこに行ってました。

いわゆる「学食」ですね。
午後1時にその日の授業を終え、
で、地味ーに黙々とここでランチを食べゆ…という毎日。

ああっ、あの頃の私を抱きしめたいっっ!!

卒業試験なんて、
思いっきりゲタ履かせてもらったもんなー。しくしく。

話しが思いっきり逸れましたが。

梨花の施設は外部の方も、男性でも利用できます。
学食は出入りの業者のおじちゃんとかも利用してます。
もちろん、旅行者も利用できます。

IMAG3144

正門から見て真正面にある教会を左に少し下ります。

IMAG3141

しばらく行くと生協会館が見えます。

IMAG3140

生協会館向かいにあるこの建物の地下が「生活館食堂」っす。

IMAG3139

キラキラ梨大(イデ)の学食とは思えない、
じみーな建物の中にあるじみーでふるーい学食。
ショーケースも超じみー。

メニューはご飯類・麺類・洋食・定食・一品などが日替わりで。
サラダバーや出来立てワッフル(このあたりが女子大)もあります。
2500wとか3000wでお腹一杯のメニューが勢ぞろいです。

IMAG3136

今回初めてオムライスを頼んでみました。3,000wです。
金額分の食券を買って、メニュー別の窓口に行きます。

おばちゃん、手際よく薄焼き卵を作って
ピラフをくるっと包んで
手際よくチャチャッと作ってくれます。

味は…
味はフツー。

このソース、カレーとデミグラとケチャップが混ざったような不思議な味。

でも、学生たちに囲まれて食べていると
不思議に美味しく懐かしく感じます。

毎日どんよりしてたけど、
それでもソウルで生活して頑張って、ちょっぴり楽しんで。
久しぶりに充実した日々だったあの時。

という訳で
韓国一の女子大生を見てみたい方
梨花生気分を味わってみたい方
ちょっと変わった場所で食事してみたい方

一度いかがですか?

♪ブログ村に参加してます。ぽちっとして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村

新規開拓・新村のイケメンオーナーゲストハウス(上)

ソウルでは、殆ど「ゲストハウス(GH)」ばかりに泊っている。

GHといっても2段ベッドが並んでいるドミトリーではなく、
シングルもしくはダブルの個室仕様のお部屋。

さすがに、もうドミトリーはしんどいお年頃です、私。
お腹をボリボリ掻きながらテレビ見て、
好きな時に寝て、好きな時に起きて、好きなように過ごしたい、
わがままが身についてしまった。大人って、贅沢。

ソウルで「ゲストハウス」と称されている施設は
もともとコシウォン(※)だったり、モーテルを転用しているところが多いので
個室が多く、利便性があってお手頃に泊れるのが有難い。

※コシウォン(考試院・고시원)…本来は受験生や学生が集中して勉強する狭いワンルーム。今は社会人含め若い人がアパート代わりに使ったり、留学生や長期旅行滞在者も使用している。

GHを探すとき、サイトやブログに
「宿泊者同志がフレンドリーにコミュニケーション」「国際交流」
みたいな写真が多々載ってる。

多国籍の若者がバーベキューやったり、一緒に飲みに行って
「Haaaaai!!」
「waoooooooooow!!」

みたいなやつ。

かんべんしてつかあさい。

私、根っからのシャイな日本人なので、
無鉄砲な国際交流は嫌な汗が出て血糖値が下がるのだ。

それに、私が旅行に行くのは
自分を見つめなおひとりでボーっとしたい」というのがおっきい理由のひとつなのだ。

ということで、私が泊るGHは
「がっつりとプライベートが保てる」
ことが大事。
なんか、ある意味GHの意義を根本から超無視している気もするが、気にしないでおこう。

予約する時迷うのは、
「安定のお気に入りを選ぶか、新規開拓するか」である。

室内含め道順や周辺の状況がわかるリピートGHはとっても楽。
でも、本当はもっと他にも便利で使いやすくてお手頃なGHもあるかも。
そのあたりでいつも結構迷うのだ。

今回は思い切って初GHを予約してみた。
しかも、あまり日本のサイトでは紹介されていないところ。

新村の「チョコレートツリー(CHOCOLATE TREE・초콜릿 트리)」

cc
※HPのトップです。

44756

楽天トラベルフォートラベルなどで予約・紹介されているが、
クチコミも少なく、日本人の利用も少ない感じ。
でも、その少ないクチコミが好感触だし、写真見る限りお部屋もまあまあ、そして新村なのである程度の土地勘もある。
また、当初考えていた近くの同等GHより、宿泊料がトータルで5,000円安かったのは大きい。

ということでこちらを予約。

チェックインが23時前後になりそうなので、
「念のため」予めそのことをメールでも伝え(韓国語と英語で)、
「オッケー!! 分かった、待ってる~!!(全部英語)」
ってローラみたいなフレンドリー過ぎるお返事も即貰った。

この時点で、嫌な予感していたんだな、私。
だからメール送ったんだよ、今思えば。
韓国のザックリ加減はそれなりに嫌と言うほど体験済みだからな。
危険予知。KY活動だ。

はい、悪い予感当たりました。
っつーか、お約束、予定調和発生。
期待を裏切らないわあ~、韓国。

ベルを何度押しても誰も出て来ない!!!
ドアをガンガンやっても誰も来ない!!!
電話を掛けても誰も出ない!!!

ドア、何回ガンガンやったかなあ…
「ヨギョー!!!」「ヨボセヨ!!!」何回叫んだ言ったかなあ…(遠い目)

…泣いてもいいですか。
結構いい大人だけど。
真夜中のソウルで、ラブホ街で、泣いてもいいっすか。

外国人コールセンターに電話しようか、
それとも他にホテルを探そうか(因みに周囲はラブホ街、とほほ)
これは旅行者にはかなり辛い状況ですよ。

怒りを通り越してMAXに困り果てている、その時!!

…来ましたよ、帰って来やがり来ましたよ、フロントスタッフが。
片手ポケットに突っ込んで、もう片手でコーヒー持っ…
って、コ、コ、コ、コーヒーって!!!

持ち場離れてコーヒータイムかいっっっっッ!!! お買い物かいっっっっっ!!!

しかも、目が合った途端、悪びれるでもなく
「△△さん?やー待ってたよお~!!」
って、満面の笑顔!!!

はいはいはい、夜遅くにすいませんねえ。

ドアの開け方、地下のキッチン&ランドリールームの使い方を説明してもらい、
ようやくお部屋に入れたのが、もう日付変わって0時過ぎ。

テレビをつけたら
「Let it GO ~ ♪「Let it GO ~ ♪」と「アナと雪の女王(겨울의 왕국・冬の王国)」がエンドレス状態で流れていたのでした…

♪ブログ村に参加してます。ぽちっとして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村

チョンガクで悶絶貝蒸し(チョゲチム・조개찜)パーリー

貝が大好き。

韓国には
パジラッグッス(바지락국수・あさりうどん)
コルベンイ(골뱅이・つぶ貝)ムッチム
チョゲクイ(조개구이・貝焼き)
などなど、
おいし~い貝料理がたっくさん。

貝マニアにはたまりまへんな。

以前、韓国人のお友達に連れてって頂いた
新川のチョゲチムが忘れられなくて、
今回また会食にチョゲチムをリクエストしたところ、
在韓のお友達が人気のチョゲチムを探してくれました!!

場所はチョンガク駅側にある
「ウルルンドチョゲクイ」(ウルルン島貝焼き・울릉도조개구이)でっす!!

c
※写真はNAVERより。

ウルルンド・울릉도=鬱陵島(ウルルン島)。
朝鮮半島から約130km沖合いにある小さな島で、観光と漁業がメインとなっています。
日本とも古から深い関わりのある島です。

こちらは貝焼き・蒸し両方ありますが、
貝蒸しの中(39,000w)を注文しました。

で、こちら。
でーーーーーーーん!!!!!

IMAG3050

大小色んな貝が山盛りってかテンコ盛りになって登場!!

貝の他にイカが1ぱい、おもち、そしてなぜかゆで卵が1個(これが絶品!!)
そして、彩の青菜が一筋。

貝はわさび醤油又は少し緩めのコチュジャンにつけて頂きまっす。
ホタテ、ムール貝、サザエ、ハマグリ、アサリ、平貝などなどが入っています。

店頭に水槽があって、沢山の貝が並んでます。
そこから次々調理するので、
新鮮でぷりっぷりの汐の香りの貝が、素材そのものの旨味たっぷり堪能できます!!

食べても食べてもひたすら貝。
出汁のよーく染み込んだお餅やイカもありますが、とにかくネバーエンディング貝

それでも全く飽きることなく箸がススム君なのは、素材が最高だからですね!!

食後、お出汁の中にうどんかご飯をいれることも出来ますが、
お腹が一杯で、今回はパスしました。

付け合せに大きい生牡蠣と大根のナムル、
そしてっポンテギが出ます。
ブログなどで検索してみましたが、どうやらデフォでポンテギ洩れなく出る模様。

この日は韓国で頑張るお友達と3人で
近況報告などもしながらお食事&お茶しました。

環境も考えも全く違う国で頑張っている友達の話を聞くたびに
「私は一体何を頑張っているのかなー」
「私はこのままでいいのかなー」
と考えさせられることが多々あります。

そして同時に頑張ろう!!というパワーを頂きます。

ソウルはまちも人も食べ物も
私に沢山のパワーを与えてくれるまちです。
ありがとう^^

♪ブログ村に参加してます。ぽちっとして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村

ソウル滞在中、病院に行った体験記。お役に立ちますでしょうか?

ソウルには何度も行っていますが、
いつも楽しい思い出や経験をたっくさん作っています。

本当に、何時行っても(いろーんな意味でw)刺激的なまちです。

でも、旅行中に体調が悪くなったり怪我をしたり、という心配はつきもの。
特に短い滞在なら、正直そこまで心積もりをなかなかしないし、
大抵の場合、ホテルでゆっくり休んだり、薬を使って落ち着く程度かと思います。

んがっっ、何時どこで誰が何に遭遇するか分かりません。
実際、今回の私もそうでした。

今回、体調を崩した原因を自分なりにつらつら考えるに

●それまでの疲労の蓄積(特に前日ソウルマラソンの「応援」で疲れた。「出場」じゃないとこがミソ。とほほ)
●急激な気温の変化
●ゲストハウス内の暖房が効きすぎて、睡眠が浅かった
…などなど、つまりは疲労が蓄積しやすい条件がいくつか重なったものと思ってます。
あ、あと、連日の暴食かなっっ。てへ。

という訳で、ちょっと条件が重なれば、誰でも体調崩しやすい状況になりがちです。

ただ、海外のこと。
イザとなったら、言葉の問題は勿論、
どこの病院に行ったら良いか困ってしまうでしょう。

そこで、昨年の夏、私がソウル滞在中に通院した経験をご紹介します。

出発直前に、足の指に出来たマメをつぶしてしまい、
そこが荒れてきたので、市販の塗り薬と絆創膏を使っていました。

特に気にするでもなくソウルに向かったのですが、
2週間の滞在予定のうち、4~5日目頃に
連日かなり歩いたのと、夏でどうしても蒸れてしまったのか、
荒れがひどくなり、足の甲も見て判るほど腫れてしまいました。

さすがに心配になり(遅いって)、ネットや知人の情報をもとに、
二村にある「LOHAS INTERNATIONAL CLINIC ロハス医院」を尋ねました。

※病院HPの日本語版はこちら(韓国のサイトに飛びます)

二村は駐在員始め日本人が多く住んでいる住宅地なので、
日本語対応の施設が多いのが特徴です。

このロハス病院、地下鉄二村駅から歩いて10分程のところにあります。
診療科目が内科、小児科、耳鼻科、皮膚科、 婦人科となっています。

在韓日本人も多く訪れており、
実際、私が行ったときも何人か診察を受けに来ていました。
受付のスタッフさんも日本語対応OKなので、まずこの時点でほっとしますよ。

院長先生は優しい女性で日本での勉強経験もあり、言葉の問題は心配不要です。
「シクシク」「ズキズキ」といった症状の擬音もちゃんと分かって下さいます。

薬の必要な場合処方箋も出してくれますが、
どんな薬か、日本の薬との比較(日本の何という薬に該当するか)など、丁寧に教えてくれます。

診察は日本同様の流れで、
熱を測って問診して治療を受け処方箋を頂き、
すぐ近くの薬局で薬を受け取ります。
※この薬局もやり取りの範囲で日本語可能です。

私の場合、問診と注射、塗り薬2種と腫れ止め・痛み止めの錠剤を出してもらい
経過も見たため2回通いました。
各回の診療費は薬代含め保険適用外(実費)で5~6千円程でした。

帰国後申請すれば保険が降りますので(但し、面倒&時間がかかる)
領収書など頂いた書類は必ず保管しておくこと、
それから病院のショップカード(って言うの?)なども貰っておくようにしましょう。

また、クレジットカード付帯の旅行保険は
どの範囲で有効なのか、予め確認しておくと安心です。

もちろん、病院や薬のお世話にならないのが一番。
くれぐれも楽しい旅行を心がけてくださいね。

♪ブログ村に参加してます。ぽちっとして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村

ソウル最後の食事はまさかのアップルパイ

ソウル滞在中はヘビロテでお世話になる「パリバゲット」
※韓国のサイトに飛びます。

だって、どこに行っても近くに必ずあるんだぼーんっっ。

場所によってラインナップが微妙に違ったり、
値段も微妙に違ったりするのがご愛嬌。
オサレ系の街やショッピングモールのパリバケって、気持ち高いんですよね。
場所代?

本日最後のソウルの夜ですが、
まさかの大疲労!!

wi-fiルーターの返却があったので、なんとか明洞まで行き、
夕方以降はひたすら休んでおりました。

なんとか起き上がって、ようやく買ってきたパリバケの「アップルパイ」3,900w。

IMAG3153

疲れまくってる今、
なぜこのくどそうなものを選んだのか、自分でもナゾ。
恐らく、身体が糖分を欲しているのだろう。

りんごがザクっとごろごろ入っているので、
とっても重い。
崩れないようにゆっくりそーっとトレイに入れた。

なのになのに !!
店員、ざっくりと紙袋に縦にサクッと入れた!!
崩れるがな。りんご寄っちゃうがな。

この、なーんかあと一歩でテキトーになるってのが、韓国クオリティだな。

味はりんごのサクサク感が残っていて
デニッシュとピッタリ合って、幸せのアップルパイでした。
ケーキよりも美味しいかも~

♪ブログ村に参加してます。ぽちっとして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村