心づくしの沖縄料理と瑞泉飲んで、東風平高根さんの歌を愛でるお花見会のお知らせ

最近、暖かさが続いて、ようやく春の気配が。

桜の開花情報も、ちらほら聞こえるようになりました。

そこでっっ!!

「爛漫の八重桜を慈しみつつ、沖縄料理と泡盛の名品とを満喫」
という、なんとも贅沢なイベントをご紹介します。

主催は料理研究家である岡田幸恵さん。

岡田さんは韓国伝統料理に精通なさっている料理の達人で、
勉強熱心でもあり、素材一つ一つの持ち味を活かし
とても丁寧に最高の味を引き出して下さる方。
全州のイベントをきっかけにお知り合いになりました。

今回はその岡田さんが美味しい美味しい沖縄料理を作って下さいます。
名づけて「悶絶沖縄料理」!!
見て悶絶食べて悶絶の絶品料理の数々を振舞って下さいます。

そしてそのお供は沖縄の瑞泉酒造さんの名品泡盛!!
飲んべいさんにはたまらないイベントっすなあ~

さらにさらに!!
酒ときたら歌もね、ってことで

東風平高根さんのミニライブで踊りましょう!

協賛は瑞泉酒造さん、趙さんの味(昨年のキムチグランプリ入賞)
クイズもやります、正解者にはレアなプレゼントも…という太っ腹イベントです !!

【DATE】
4月13日(日曜日)12時から(受付11時45分から)
会費 5,000円 幼稚園児1,000円 小学校生1,500円
定員 20人(既に申し込みを開始しているため、定員まであと僅かです!!)
場所 桜新町 神田屋鮨・3階田(園都市線桜新町駅下車)
    地図はこちら

お申し込み・お問い合わせはコメントにてお知らせくださいね^^

♪ブログ村に参加してます。ぽちっとして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村

乳白の清々しい美しさを愛でる白磁展が開催-福島

3月12日より、福島市で白磁器の展示会が開催されます。

作家は会津在住の陶芸家「工房 爽」の田崎宏さん。
会津の豊かな自然と歴史の麓で、柔らかくも凛とした白磁を自らの工房で次々と生み出しています。

田崎さんのお人柄そのままの、どこか愛らしさも感じさせる作品の数々。
手のひらにすっぽり納まる大きさとカーブのカップ、
料理が映えるお皿など
普段使いにも気軽に使える気取りの無い芸術品が並びます。

私も一度展示会にお邪魔して、プレゼント用に小さなお皿を購入したことがあります。

ちょっとしたお酒の肴や奥様手作りのジャムを入れたり、
時には花びらを入れてテーブルのアクセントにしたりと
「大活躍していますよ」とお知らせ頂いて
本当にお贈りして良かったと思ったものです。

会場は福島市郊外にある「珈琲楓舎」

自家製焙煎珈琲販売店と画廊がコラボレーションして出来た、
ゆったりした自然の中で美味しい珈琲が頂ける画廊喫茶です。

●3月12日から3月24日 (会期中は無休)
●12:00~19:00まで

美味しい珈琲と焼き菓子
そしてほっとする白磁の数々を愛でに、ぜひお越し下さい。

♪ブログ村に参加してます。ぽちっとして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村

本気で並んで良かった「つじ半」のぜいたく丼

基本、並ぶのは苦手である。

単純に「疲れる」「メンドクサイ」ってのが最大の理由だが
大抵並んでいるところはテレビやら雑誌で紹介されているところが殆どなので
メディアに踊らされちゃってるワタシ
ってのが、んもう、めちゃくちゃ恥ずかしい。

並んでる私をもう1人のワタシが俯瞰で見た図、
というのを必ず想像してしまうのだ。
すると、ボーっとふやけて何も考えずに並んでる自分が見えてくる。
うひゃーこっぱづかしー。

だが、はやりの波に流されて、やっぱり並びたい時もある。
そんなお店のひとつが「つじ半」だった。

理由はただ一つ。
海鮮丼が好きだから
うふ。

つじ半も色んなメディアで「行列の出来る店」として紹介されている。
「ぜいたく丼」と称するオリジナル海鮮丼で勝負の店である。

東京駅近く、というのも人気の理由かも知れない。
八重洲北口を出て横断歩道を渡り、
「八重洲口会館」というビルの間の道をしばらく真っ直ぐ行くと左手側に見えてくる。
お店自体は小さく、目立つ看板もないけれど、
並んでいるお客さんが必ずいるのですぐ分かるはず。

私は平日に11:00時開店の15分前位に行きました。
店内はカウンターのみで10席程度しかないので、
10:30頃行けば、なんとか開店と同時に入れる可能性が高そう。

メニューはぜいたく丼の梅・竹・松・特上。
梅を基本として、雲丹などが追加されるようです。
それから塩辛やからすみなどのおつまみ類が若干のみ。

みなさんほぼ980円の梅を注文。
基本でシンプルに、ぜいたく丼の醍醐味を味わうにはこれで充分。

店内はカウンター12席のみ。
まだ新しく綺麗な店内。てきぱきと気持ちの良い板さんとスタッフさん。
木の清々しいカウンターに着席しただけで、
「並んだ甲斐があったわああ~」って思います。

で、まず出されるのはこちら。

IMAG2779

ごまだれの鯛刺が4切れ。
カウンターには「お勧めの召し上がり方」が置いてあるので、
基本に忠実に前菜代わりに2切れ頂き、残りはお楽しみ用に取っておきます。

そして登場した「ぜいたく丼」

IMAG2780

まぐろ、いか、いくら、ほたて、きゅうり、ねぎ、などなど
7種の具が絶妙に合わさり、小山のようにこんもり盛られています。

黄身醤油が出されますので、かけまわして頂きます。
この黄身醤油がこってり感を出す隠し味になってますね。

ガリはこぶで〆られていて、優しい酸味。
ガリのお替りをお願いしたのに、忘れられちゃったのが今でも残念。

ご飯の上に香ばしく炒られた白胡麻
切手大のパリパリ海苔。
ほんの少々の大葉。
薬味がとても合って、考え尽くされた感じ。

思うに、計算され尽くした丼だなー。
黄身醤油、ガリ、薬味が無かったら、単調で
ここまでじっくり味わうことは出来なかったかも。

食べ終わった後は、
ご飯をお替りして、
出汁をはって頂いて、残しておいた先付けの鯛刺2切れを入れて
鯛茶漬けも頂けます。

つまり、
鯛刺、ぜいたく丼、鯛茶と1回で3度・3種のお味を楽しめるのです。

あー美味かった。
また並ぼうっと。

♪ブログ村に参加してますよ♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

行列知らずでお手頃に-バビーズパンケーキの裏技

はやりの波に乗る前から、ホット&パンケーキ好き。
てか、基本女は粉モン好きだからね。

しかし、ほんの1~2年前までは専門店なんて数える程しかなくて、
東京に来た時は、今は亡き万惣本店とか、カフェ香咲なんかに行くのが楽しみだった。

ブームに火をつけたのは、billsあたりからか?
「世界一美味しい朝食」と言われ「ディカプリオが毎朝食べた」と言われたリコッタパンケーキで一躍有名になった。
ディカプリオが一時期イケてなかったのは、こいつらのせいである。多分。
だってあんなこってこてのボリューミーパンケーキ毎朝食べてた日にゃあ、だ。
しかも外人はシロップしこたまかけるからな。

billsのパンケーキ、食べたけど
ふわふわしすぎて何というか掴み処のないパンケーキだった。
ウマイのかマズイのかさえ結論付けられなかった。
単に味バカなだけか?

今は「行列」「食べるのに○時間待ち」
が、美味しいパンケーキの代名詞みたいに思われてるが。
美味しいパンケーキをリーズナブルに頂ける
今、一番大好きなのが東京駅ヤエチカの「bubby’s(バビーズ)」
ここで11:00AMまで提供しているモーニングパンケーキ。

モーニングなので通常より小ぶりサイズな分、お値段も抑えめ。
とか言っても通常があほな程デカイので、この大きさで十分。
このパンケーキが650円からなのだ。お得でっせ。

ここのパンケーキはサワークリームが入っているせいか、
スフレを食べているみたいにフワフワなのに、しっかり食べ応えがあるのだ。
出来立ての香りもさいこー。

一番人気は「苺&バナナ添え」

1560640_632640236809284_430868584_n

定番だけど、やっぱりね。
パンケーキとバナナにお口の中の水分もってかれそうになると、
ジューシーな苺が酸味と共にナイスフォローするのもツボ。

そして、ブルーベリーたっぷりの「ブルーベリーパンケーキ」

1507858_654189104654397_1609789195_n

パンケーキの半分にカレールーみたいにかかってるのが、大粒でゴロゴロしたブルーベリー。
残業続きの疲れ目にもいいね。わかさ生活より効果あるね。

しかも朝時間という事もあって、殆ど並ばずとも良いのが嬉しい。
更に通勤時間帯を避けるのがコツ。
一番の狙い目は10時以降かな?

+200円でドリンクセットに出来るが、コーヒーがオススメ。
マグでたっぷり提供される上、おかわりOK。
ミルクもでっかいピッチャーで提供されるので、
1杯目はブラック、2杯目はラテ、なんてことも出来る。

それから、テーブル上のマスタードとケチャップのスタンドもかわいい。
ほしい。
手に入れたら、それはそれで持て余しそうだが。

♪ブログ村に参加してますよ♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

2014年節分の浅草でアニマル浜口親子に気合を頂く

例年、節分は豆を蒔くでもなく、
せいぜい恵方巻きをどの方角かも関係なくもぐもぐしていた程度だったが。

今年はたまたま東京にいたので
せっかくだから、と有名処浅草寺の節分会(せつぶんえ)に行ってきた。

kaminari2_m

著名な神社仏閣では各階の有名人を招いての豆まきがあるが、
ここはさすが浅草らしく、芸人さんのオンパレード。

提灯に中村屋兄弟の名前を見つけて、ちょいとテンションUP↑
勘九郎さんはいい役者さん&青年になったなあ~

IMAG2725

著名人の豆まきは午後4時と5時の2回。
私の参加した会は
ナイツ、アニマル浜口&京子父娘、林家正蔵&三平、十朱幸代、あした順子、等など。

ナイツは2人ともスタイルよくて意外とかっこよくて、
仕事も出来るし年寄りの面倒見はいいし、何気に素敵だったのがちょいとくやしい。
なんか、ナイツが職場にいたら仕事も社内も上手く廻るだろうなーって感じ。
2人とも漫才協会の理事だとかで、そりゃあ師匠方は大喜びであろう。
あした順子師匠は「ナイツの恋人」と自己紹介してた。最高の誉め言葉である。

IMAG2728

林家正蔵&三平は、どうでもいい。
「仲の良い兄弟だな」これで終わりである。
…って、豆蒔いてた姿を見ただけで失礼だが、ホントそれだけだった。

そしてそして!!
嗚呼最高なご褒美「アニマル親子と共にナマ『気合だ!!』10連発!!」!!!!!
今年は鉄板でいい事ありそうじゃないか!!
ありがとう!!浜口親子!!

やたら元気でちょっと困ったお父さん。
気立てが良くて可愛い京子ちゃん。
京子ちゃんの服のセンスさえも微笑ましいじゃないか。

IMAG2736

「父にはオリンピックを目指せと言われて、私は早く結婚したいけど…」
と、皆が聞きたい鉄板のネタもちゃんと披露して
お父さんの『ワッハッハー』って歌にも一緒に踊る京子ちゃん。
イイコに育ったなあ。
ちゃきちゃきのおかあさん、存在感薄い弟含め、
ここんちは平成のリアルサザエさん一家である。羨ましい。

♪今日からブログ村に参加してみます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村