「女神様が見ている」ストーリー紹介 (여신님이 보고 계셔)

★日本公演第1報はこちら★

★プレビュー公演キャスト表はこちら★

★プレビュー公演スケジュールなどはこちら★

★上の動画が再生出来ない場合はこちらから試してみてくださいね★

これ、昨年の再演前に流れていたCMです。

スンホ役のユン・ソホさんの思いっ切りの笑顔、そして最後のくしゃくしゃの泣き顔。
これを見るだけでストーリーを思い出して泣けてきます。

ポスター

無人島から脱出するために始まった、敵対する兵士6人の「女神さまが見ている」大作戦。

韓国軍大尉ハン・ヨンボムは北朝鮮人民軍幹部イ・チャンソプをはじめリュ・スンホ、ビョン・ジュファ、チョ・ドンヒョンを捕虜収容所で移送する任務を命じられ、部下シン・ソックと共に移送船に乗り込んだ。

しかし、捕虜が船で暴動を起こしさらにその中で嵐に飲まれ、無人島流れ着いた6人は故障した船と共に孤立してしまう。

唯一船を天才的な技術で修理できるスンホは戦争で生じた心の傷に怯える状態。
そこでヨンボムの閃きにより、スンホを説得し船を修理させるため、皆で「女神さまが見ている」大作戦を繰り広げることになる。

c

「戦争」という過酷な状況の中、人間らしいことは消え傷と孤独に疲れていた兵士たちは、
いつしか自分たちが仕立てた「女神様」に、それぞれが抱いていた夢、愛した人、信じたかった希望を重ね、彼らを慰める存在になる。

b

嘘を契機に始まった作戦はやがて皆の心に安らぎと癒しを与え、それをきっかけに対立する兵士たちに友情も生まれてきた。

a

世界から離れた無人島の中、希望と愛を感じ過酷な環境な中で自分らしさを見つけつつあった彼らに、やがて運命の日が訪れる…。

d

幼い娘、年上の優しい未亡人、無邪気で愛らしい妹、田舎で暮らす年老いた母…
兵士たちそれぞれの心の中にあるほのかな希望、痛み、思い出などが女神様とそして観客の心と重なって、
人間が持つ希望と愛を笑いと珠玉の音楽と共に届けてくれます。

art_1358727181

♪ブログ村に参加してます。ぽちっとして頂けると励みになります♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中